合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る
マカ春ウコン粒 商品タイトル

寒暖差30℃を生き抜く驚きの生命力。

マカが育つペルーのボンボン高原は、アンデス山脈にある海抜4200m超の高山。赤道直下にありながら昼夜の寒暖差が激しく、日中は強い日射しにさらされ、一転して夜は氷点下15℃にまで急降下します。高地のため風が強く、空気も希薄。・・・そんな過酷な環境を生き抜くために、マカはミネラル分豊富な大地の栄養素を余すところなく吸収し、その根に蓄えているのです。

春ウコンって何?

春ウコンとはショウガ科の多年草で、正式名称は姜黄(キョウオウ)、英語名はWild turmericです。
秋ウコンに比べクルクミンの含有量は少ないかわりに、精油成分を多く含んでいるのが特徴。精油成分とは植物がつくる香りや苦み成分のことで、害虫や菌の侵入からわが身を守っています。
また秋ウコンよりもミネラルも豊富です。弊社では沖縄県石垣島の契約農家に無農薬・有機肥料による高品位で安全な春ウコンの栽培を委託しております。
「マカ」はアメリカ農務省が品質・安全性ともに優れた品質であることを認定した、ペルーボンボン高原産オーガニックマカを使用しています。

乱れたホルモン系統を整える!

ホルモン系統に働き、男女の“元気”をサポート!マカには高品質なたんぱく質をはじめ、プロテイン、必須アミノ酸、ビタミン、ミネラルなどの「元気成分」がぎっしり。栄養バランスの素晴らしさは「完全食」と呼ばれるほどです。中でも注目なのは、僻地に生きる植物特有のサバイバル物質「グルコシノレート」、若返りのアミノ酸と呼ばれる「アルギニン」などの豊富な含有量。忙しさやストレスで乱れがちなホルモンバランスを整え、毎日を元気に頑張りたい、いつまでも若々しく輝きたいというあなたをサポートします。

疲れた免疫システムに渇!

クルクミンが多く二日酔い対策などに愛用されている秋ウコンに対し、春ウコンは精油成分やミネラルが約6倍と多いのが特徴。そのため強い抗菌・抗ウイルス作用があり、体の抵抗力を強化して病気感染を防ぐ働きがあります。また最近の研究発表で、春ウコンは免疫力を高める働きがあると言われています。

マカのふるさとペルー「ボンボン高原」について

南米ペルーのアンデス山脈にあるボンボン高原は、海抜4,200メートルで80,000ヘクタール(宮崎県と同じ)の広大な盆地になっています。
外気温は、-10℃~15℃(平均5℃)と、特に雨季の時期は-15℃になり、空気も少なくなります。
マカの生態学上もっとも注目される点は、温度の高低さ・太陽の照射率が高い・霜が降りる・風が強い、こうした気象環境はアンデス山脈の荒野に限られます。 こうした大変厳しい気象環境でマカは育ちます。
その為、根の部分に当たるマカは栄養を凝縮させます。マカは種を植付けてから9ヶ月で収穫となり、収穫後の畑は5年間休ませ、その間は羊を飼い畑を肥やします。当然、化学肥料や農薬は一切使用せずに栽培されます。

マカの起源

ペルーでは古くからエネルギー補給のためにマカが使用されていました。マカの起源については、チベットの北東部 海抜3,000m位置する自生植物でした。近くには、中国で最も大きい青海湖という湖があります。
いまから2,000年くらい前に、高地で生活していたチベット族の一部が南米ペルーに移動のときに,大切にしていたマカを現在のボンボン高原のフニン県で耕作されたと考えられています。
マカは他の野菜が生存する事ができない非常に高度の高い所で育ち、しかも凍結、強風、集中的な日照りといった極端な天候状態でも耐えられる、とても生命力の強い植物です。
こうした厳しい自然環境の中、10、11月に家畜の堆肥が十分に馴染んだ土地にマカの種をまいて翌年の6、7月に収穫をします。

マカの特徴

マカは植物学的にはアブラナ科のレピディウム属に属し、学名をLepidium Peruvianum Chacon Sp.novといい、マカ研究の第一人者である生物最高位博士のグローリア・チャコン女史の名前がついています。
マカは、南米ペルーのアンデス山脈のボンボン高原、海抜4,200メートル以上の高地で生育、栽培された植物でハツカダイコンによく似た形をしています。マカの根はふっくらと丸みをおびた円錐形で、白色から明るい黄色や濃い紫色、濁ったピンク、白っぽいピンクとさまざまな色を持っています。

マカの栄養素にこだわった商品

マカの主成分はたんぱく質で特に、亜鉛をはじめとするミネラル、ビタミン類が豊富に含まれています。また、アルギニン酸、リジンをはじめとする必須アミノ酸も豊富です。
マカはミネラルを豊富に含むごく限られた土地で栽培されるため、農薬などの必要は全くありません。人にとって欠かせない「必須アミノ酸」が豊富なのがペルーボンボン高原産マカの特徴です。
弊社でも世界中のオーガニックな食材選びにおいて、特にこのペルーボンボン高原の栄養豊かな土壌をはじめ、マカの栽培環境に着目いたしました。こうして誕生した天然由来の健康食品、それがマカ&春ウコン粒なのです。

疲れやすい・疲れが取れない

体がだるい・倦怠感がある

手足が冷える

夜眠れない・眠りが浅い

朝の目覚めが悪い

午前中特にやる気が起こらない

生理に乱れがある

生理前に不快な症状がある

肌のハリツヤがなくなった

肌が荒れやすくなった

人付き合いや外出が面倒になった

持続力がなくなった

何ごとも頑張りが効かなくなった

気分が沈んだり、気が重くなることがある

男性にくらべてホルモンの乱れの影響を受けやすい。そんな女性の心身の疲れを解きほぐし、癒やしてくれるのがマカ。<br>デリケートな女性にこそおすすめしたいのです。

「女性ホルモン」は健康と美しさの守り神

女性ホルモンは丸みのあるボディラインやきめ細やかな肌など、女性らしい魅力をつくるホルモン。本来は異性を魅了したり妊娠出産に関わるものですが、役割はそれだけではありません。女性ホルモンは女性を美しく見せるだけでなく、心身の健康をキープする守り神のような存在なのです。

エイジングケアや美肌にも効果!

マカに含まれるアルギニンは、老化を早めシミやシワの原因になる「糖化」を防ぐ働きがあります。また成長ホルモンの分泌を促し代謝を活発にして、肌や体を若返らせる効果も認められています。他にも、コラーゲンの主成分になるアミノ酸、その合成に欠かせないビタミンC、強い抗酸化作用で肌サビを防ぐビタミンEなど美容成分の宝庫です。

女性特有の体の不調

冷え性や生理不順などにお悩みではありませんか?これら女性特有の体の不調は、女性ホルモンの減少やホルモンバランスの乱れが原因。加齢やストレス、偏った食生活などの要因が複雑にからみ合って起こります。これらの症状は病気とまでは言えず、人にはなかなか理解してもらえないだけに、本人は辛いですよね!

※マカの一般的な健康作用を解説したもので、商品の効果をお約束するものではありません。

赤ちゃんが欲しいご夫婦に

二人で協力

不妊に悩むカップルは100万人と言われ、6組に1組の夫婦が不妊治療の経験があるのだそうです。原因はさまざまですが、心身のストレスや生活習慣の乱れなどが影響することも。赤ちゃんを授かるためには、何よりお二人の協力が必要。積極的に不妊治療をされるとともに、妊娠しやすい環境や体づくり、体質改善に努めることが大切です。

不妊の原因

女性の不妊には、排卵障害や卵管障害のほか、受精卵が子宮にうまく着床できないなどの原因があります。一方男性不妊の原因は、精巣で精子がうまくつくれない造精機能障害が約90%。20年前に比べると、精子の数や運動能力も80~50%にまで低下していて、ストレスや食生活の乱れ、生活習慣による影響が大きいのではないかと考えられています。

マカがお手伝い

男性不妊を改善するには、精子の数を増やしたり運動能力を高める亜鉛、セレン、アルギニン、デキストリンなどの栄養素を摂ることが大切。これらの栄養素をバランスよく、手軽に摂れるのがマカです。またマカは、女性の生殖機能を活発にし、受胎環境を整えてくれるリジンを多く含んでいますから、お二人で飲まれることをおすすめします。

※マカの一般的な健康作用を解説したもので、商品の効果をお約束するものではありません。

30代~50代、働き盛りの世代をおそう不快な症状、誰にも相談できない悩み・・・
それはストレスや生活習慣の乱れからくる、男性&女性ホルモンの乱調が原因かも知れません。
体の生理システムそのものに働きかけ、衰えがちな「自然治癒力」を蘇らせる、早めのケアを心がけましょう。

平均寿命が延びて、中年と呼ばれてから後の人生の方がずっと長くなりました。長い人生、若い頃以上に元気で楽しく、また男性として女性としても現役で過ごせなければつまりませんよね!そのためには未病のサインを早めにキャッチして、病院に移行しないよう健康管理が大切になってきます。<br>マカと春ウコンで、人生をポジティブに楽しんでください!

マカ&春ウコン粒 標準小売価格3780円 ご購入はこちら マカ&春ウコン粒 ポケットサイズ 標準小売価格651円 ご購入はこちら

マカ&春ウコン粒 送料無料の得々ショッピング